電子たばことはどういったものか

電子たばことはどういったものか



「電子たばことは」
最近、電子たばこというのが流行っています。
電子タバコとは、タバコとそっくりの吸引器を口に加えて、たばこの煙のように吸引し、煙のような蒸気が口から吐き出し、それによってタバコの代替となる製品です。
ニコチンを含む液体を使用した製品などもあります。
タールや一酸化炭素は発生せず、副流煙も発生しません。
葉巻型やパイプ型、紙巻煙草型など色々な形状の物がありますが、構造に変わりはありません。大体がリチウムイオンの充電地を使っていて、何度も継ぎ足しての充電が出来ます。

「電子たばこの歴史」
電子たばこは2003年に中国により発売されましたが、当時は全く売れませんでした。
しかし、今となっては電子たばこは特に欧米のようなタバコが高い国で爆発的に売れ、世界の市場規模では2017年までには1兆円を超えるという予測までされています。
まさに画期的な発明と言えるでしょう。
また、電子たばこは年々進化してきて、2014年には第三世代の電子たばこが大きく広まりました。第三世代の電子たばこは、本体の充電式バッテリーとアトマイザーという風味を付けたり、リキッド入れるための容器で構成されています。
タイプによっては蒸気を多く出したりなどの出力の調整までもが出来ます。
また、充電用のUSBケーブルを付属して、充電も簡単に出来ます。

「国内の電子たばこについて・私の体験」
2014年の第三世代の電子たばこによって日本にも大きく広まりました。
国内ではニコチン入りの電子たばこを販売するのは薬事法に引っかかるので、
国内での業者が販売する電子たばこは全てニコチンが入っていません。
私は煙草の本数を減らしたかたので試しに電子たばこを購入しました。
煙草には精神的な依存も含まれていて、口寂しさに吸っていたこともあったので、そういった時に電子たばこを吸って気を紛らわせていました。
香料を吸い、その口から吐き出される煙を見ることによって、タバコを吸っている気分を味わうことが出来たので、おかげでタバコの量は一日一箱から、一日10本まで減らすことが出来ました。
「体は求めていないのに、精神的に求めているから吸う」ということが多かったので、その時こそ電子たばこの出番です。
この調子で電子たばこを吸っていくと、しばらくするとタバコを完全に禁煙することも出来そうです。
この電子たばこは、これからも市場が急増し、更なる進化を遂げていくことを期待しています。


電子タバコ おすすめ